af0060020114m

万一のとき、衝突から自分を守ってくれる存在となる「ブレーキ」。日常の運転では、常に使っているため、それほど意識せずにそのままになってしまっていることがありますが、ぜひ、メンテナンスの一つとしてドライバー自体が注意を払っておくことが大切です。特に、中古車で購入した車の状態が悪くなっていると感じている、新車で購入してからも違和感がある、など運転して「率直なブレーキの具合」ということが、直接、影響をしているといえます。
日常の運転ではつい、慣れてしまい車の変化に気づかない人も多いですが、小さな違和感からブレーキの整備の不具合や部品の劣化に気付くことがあります。よくあるのがオートマチックでブレーキがかかったまま、発進してしまい、ブレーキを傷つけてしまうようなトラブルです。ブレーキが折れてしまい運転中に非常に危険な状態になってしまうことがあります。カーディーラーの定期点検では、このブレーキの点検を実施してくれることもありますし、最寄りのガソリンスタンドでも対応してくれることがございます。ぜひ、車のことは、プロに任せて余計な心配をしなくて済むように対応してみてはいかがでしょうか。

 

そうすれば、安心して車を乗り続けることができます。